「痛みの少ない」矯正治療


体に優しい装置を使用
最新の3DCTによる精度の高い診断と最小限の弱い力で歯を動かす超弾性形状記憶ワイヤーとセルフライゲーションブラケットを使用し生体に優しく痛みの少ない矯正治療を心がけます。

なるべく歯を抜かない矯正治療
矯正治療ではしばしば健康な歯を抜いて歯を並べることがありますが、当院ではなるべく歯を抜かない方法を最優先に考えます。

良い噛み合わせの基準の一つとして、歯が生える土台となる顎の骨にバランスよく歯が並ぶことです。
顎が小さく歯が入りきれない場合はやむおえず抜歯が必要になることがありますが、できれば健康な歯を抜きたくありません。
当院ではなるべく歯を抜かない矯正治療を最優先に考えております。

現在はミニスクリュー矯正による矯正治療の進歩で、一昔前までは歯を抜いていたケースも抜かずに治療することも可能になりました。
しかしながら、歯を抜かずに矯正治療を行うことにも、限界があります。
無理に抜歯をせずに歯を並べると、顎の骨から歯が飛び出してしまい、歯肉が下がってしまったり、歯の根が短くなったり、口元が出たりすることがあります。
当院では歯を抜くかどうかは最新の3DCTを用いて、顎の骨の大きさや幅を測定し、歯と骨のバランス、横顔の口元のバランス、などさまざまな角度から慎重に判断します。