正しい矯正歯科の選び方について


正しい矯正歯科の選び方について

「どこで矯正治療を行えばいいのか?」矯正治療を検討される方々にとって、医院を選ぶ基準をお持ちの方はほとんどいらっしゃいません。矯正治療は一生に一度、経験したことがないからです。矯正治療中に生じる不安や不満をご紹介するとともに、「医院選びの3つのポイント」についてご説明します。

よくある不安① 歯並びはきれいになったけど、しっかり咬めない

「歯並びをきれいにすること」が矯正治療の目的だと思っておられる方が多くいらっしゃいます。もちろん、歯並びがきれいになることは大前提ですが、きれいになっても、物が噛みきれなくなったり、食事に支障が出てしまっては本末転倒です。技術、知識、経験のあるドクターに診てもらうことが大切です。

ポイント①
日本矯正歯科学会の認定医

日本矯正歯科学会とは、1926年に設立された日本を代表する学会です。日本矯正歯科学会では、経験年数、症例実績を審査し、合格した歯科医師だけを認定医としています。矯正治療を行なっている歯科医師は約30,000人いると言われていますが、その中で日本矯正歯科学会の認定医は約3,000人と矯正治療を行う歯科医師の1割程度しかいません。また、歯科医師全体では、わずか3%です。

よくある不安② 都合が合わず、予約が取りにくい

むし歯など急な痛みで歯科医院に行く一般歯科治療とは異なり、矯正治療は定期的に通院する「完全予約制」での治療です。完全予約制のため、待合室で待つことはあまりありませんが、ご自身のライフスタイルに合った日時に通えるかどうかがポイントになります。
矯正治療は、約2年間 ( 月1回 ) 通院を続ける必要があるので、ライフスタイルに合った診療時間 ( 何時まで診療しているのか? ) 診療日 ( 週末は診療しているか? ) を確認する必要があります。

ポイント②
自分のライフスタイルに合った診療時間、診療日
よくある不安③ どれだけ治療費がかかるのか分からない

矯正治療は自己治癒力を利用した治療のため、治療計画どおりの通院回数で終わらない場合もあります。体の機能に基づく治療ですので、どんなに精密に検査をして、綿密な治療計画を立てても、治療期間が伸びる場合があります。

そのため、治療期間が伸びれば、治療費もかかってきます。
治療開始前に、治療が終わるまでの総額がいくらになるのか、最も治療費がかかった場合でいくらになるのか、きちんと説明してもらうことが大切です。

ポイント③
治療を開始する前に必要な費用を説明してくれる医院

だいもん矯正歯科では、かかる料金に上限を設定しているため、追加料金はありません。治療を開始する前に、基本料金と治療期間を設定しますので、安心して治療を受けていただくことができます。