マウスピース矯正


マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、着脱できる透明なカスタムメイドのマウスピースを装着して、歯並びを改善していく治療法です。従来の矯正装置は、見た目が気になる、長期間装置をつけていないといけないという面から、治療にふみ出せない方も多いでしょう。歯の裏側に装置をつける裏側矯正に加え、ほとんど周りからは見えない治療方法として、マウスピース矯正が挙げられます。


マウスピース矯正のメリット
1) 装置が目立たない

透明で目立たないマウスピースを使用するため、治療中でも気づかれにくい特徴があります。人前で話す機会が多い職業の方などにおすすめの治療法です。

2) 装置による外傷が少ない

マウスピースは薄いプラスティック製のため、従来の矯正装置に比べ、口腔内の粘膜にやさしく、口内炎や傷の原因となることはほとんどありません。

3) 清掃が簡単

食事中は取り外して頂きますので、食事内容を気にせずに普段と変わらない物が召し上がれます。また、着脱が簡単なため、ブラッシングが十分行えるうえマウスピースの洗浄もご自身で可能ですので、お口の中を清潔に保つことができます。

4) 通院頻度が少ない

ブラケットやワイヤーを用いた従来の矯正治療では、3〜4週間ごとに調整のための通院が必要です。マウスピース矯正では、2〜3ヶ月に1度の通院となります。一般的な矯正治療に比べて通院回数が少なくなるため、遠方から通院されている方も多くいらっしゃいます。

5) 金属アレルギーの方に対応可能

金属の含まれていない、プラスティック製のマウスピースで治療を行っていくため、アレルギーがある方も、安心して治療を受けていただくことができます。

マウスピース矯正の治療費について詳しくはこちら


マウスピース矯正のデメリット
1) 十分装着していただかないと治療がすすまない

マウスピース矯正では、歯並び、お口の中の状況を把握し、治療開始前に治療終了時の歯並びをシミュレーションします。その情報をもとに、歯の移動距離にあわせて、カスタムメイドのマウスピースを製作し、装着して歯並びを改善していきます。着脱できる装置なため、ご自身でしっかりと装着時間を守って、使用していただく必要があります。患者様の協力が100%必要な治療方法で、装着時間は20時間以上/日をお願いしています。十分装着していただけない場合は、歯に適切な力がかからず、治療期間が延長したり、予定通りの治療結果に至らない可能性があります。

2) 治療できない症例もある

マウスピース矯正には向き不向きがあり、すべてのケースに適応できるわけではありません。患者様それぞれの歯並びを専門的に診査し、マウスピースによる治療が可能かどうか判断する必要があります。歯のガタつきが強いケースや、骨格的にずれのあるようなケースには、基本的には不向きな治療法です。

マウスピースでの矯正治療が可能かどうか、無料カウンセリングをご利用ください。実際にお口の中を診査してお伝えいたします。